ギャラリー

稚児行列到着後、お稚児さん達は、羯磨師(こんまし)、香水師(こうずいし)の和尚様から【健やかに、凛凛しく、美しく成長するように】と三宝印と香水を頂戴しました。子供たちは皆初めてのことで、緊張しておりました。

門看師の和尚様が三門前に立ちはだかり、新命和尚と問答が始まりました。門看師には伊賀玉瀧の玉瀧寺(ぎょくろうじ)の閑栖和尚様にお願い致しました。新命和尚は

大慈雲嶺 だいじうんれい

打破禪扃 ぜんけいをだはし

一超直入 いっちょうじきにゅう

牙咬鐵釘 きばてっていをかむ

意解

慈雲山という山に到ればその名の通り雲深く、まるで仏の大慈大悲につつまれている。今私はその心が生まれ来る悟りの世界に向かうのだ。仏祖も打破して忽ち根源にいり、あらゆる迷いの世界を超えて生きるのだ。

という偈を読み上げ、門看師の了解を得て、三門をくぐりました。

 

このページの先頭へ